Home - Flash - NDS : NintendoDSをFlashで使う(その2) - DSとFlashをMIDIで繋げる

NDS : NintendoDSをFlashで使う(その2) - DSとFlashをMIDIで繋げる

  • posted on 2007年12月18日 14:54 / update 2011年8月26日 13:42 / by hoehoe3

ちょっと脱線。MIDI経由でDSとFlashを繋げます。DSをMIDI機器にするDSMIと、入力にMIDIが使えるAdobe AIRアプリVispで動いているのを見てみます。こんな方法もあるよ程度に。

DSMI (DSMIDIWiFi)

http://dsmidiwifi.tobw.net/

DSをMIDI機器として扱えるライブラリとアプリ。

サンプルアプリ
・DS MIDI Keyboard (MIDIキーボード)
・Kaos DS (Kaos Padみたいにタッチパッドでコントロール)
・Pulse DS (DSのPSG音源をMIDI経由で鳴らす)

Visp

http://visp-vj.com/
071219_visp.jpg AIRアプリなVJツール。入力にMIDIが使える。→動作デモ

インストールと実行

DSMIのインストール
・サンプルアプリ(とりあえずKaos DS)をダウンロード→MicroSDにコピー
・使用OS用のDSMIDIWiFi Serverをダウンロード→コピー(どこに入れても可)

Vispのインストール
・Adobe AIRの実行環境をダウンロード→インストール
・Vispをダウンロード→ダブルクリックでインストール
・visp MIDI Proxyをダウンロード

アプリケーションの実行
・先にWiFiの設定をすましておく。
・マジコンをDSに挿してKaosDSを実行。
・DSMIDIWiFi Serverを実行。(OS XでMIDI機器として認識しない場合はmmjMandolane MIDI SPIなどJavaのライブラリをインストールしてください。)
・VispにMIDI入力の登録 (チュートリアル参照
・visp MIDI Proxyを実行→MIDI機器を選択→Start MIDI Connectionをクリック
・vispを実行

後は適当にタッチパッドを動かせば、アプリ側のスライダーやパッドが反応するのが確認できるハズ。

だいぶ回りくどい。。

DS → → (socket) → → DSMIDIWiFi Server → → (MIDI Message) → →
→ → visp MIDI Proxy → → (socket) → → visp

てな感じでだいぶ無駄が多いです。。

とにかく簡単にやりたいんでDSMIを使うのを前提に調べてみたけど、意外にもFlashでMIDIを扱う方法があまり無い感じ。「Flash MIDI」というFlashプラグイン(?)があるけどAS2だったんで断念。というか中身読んでない。オープンソースなRTMPサーバの「Red5」でもMIDIを使えるようなんだけど、サンプルがよくわからないんで断念。一括して揃ってたVispにしてみました。機能があれこれ実装されると面白そうなんだけど、開発が進んでないような。まー動いたのは確認できたんで。コレはここまで。

次はちゃんとDSの勝手アプリを作るよ。

関連エントリ:

参考資料:

COMMENT

Auther
hoehoe: おおさか方面でWebとかやってますよ。
Search
Feeds