グッドナイトベイビー

20140621title.gif

北海道の最高気温が37.5℃の史上最高の猛暑を記録したそうです。
しかもまだ6月というのに・・・・
20年前と今では季節感も大分違いますよね、10月くらいまで熱い日あるし、12月入ってからでも紅葉の見頃だったりして。淡々と刻々と流れる時間の経過で変化を見届けながら生活していくことはとても難しいですね。
いつ変化したのかは分からないけど、気付いたら比べる対象があるからついつい「昔はよかった」なんて言ってしまう。
変化に良いも悪いも無いんでしょうが~、取り戻せないから尚更愛おしくなるものなのでしょうか。
冒頭の天気の話しとは大きくハズれていますが・・(汗)
 
「時が経つ」という話しの流れに戻しますと、弊社では昨年から、ある管理楽曲のカバーやCMでの起用が多くなっています。その曲はザ・キングトーンズの「グッドナイトベイビー」です。
社内資料によると管理番号10番、1968年に担当している作品です。
ジュンアンドケイは本年で創立48年目、1966年創立から2年目の作品です。
日本でもビッグヒットは当然のことながら、米国でも発売され、ビルボードでチャート48位に入ったそうです。
ドゥーアップの軽快なリズムの中で若い男女の純粋な恋愛感情が歌われています。
 
曲がリリースされてから46年も経つのに、世の中も様変わりして50年前の面影も何もない日本で、まくカバーされようといている。すごいですね。
私は30代後半ですが、この仕事に就くまでキントンさんのお名前は知りませんでした。なのに曲は知っていました。
きっと育った生活環境の中でメディアだったり、周りの大人の鼻歌だったり、自然と耳に触れる機会が多かったということだと思います。
リアルタイムで聞いてこなかった私達世代があえて選びカバーして、また新しい時代に残していく。
 
日本の2人組レゲエ・ユニットからMEGAHORNのソロ活動としてクラブシーンで流れるようなアレンジにしてのカバーリリースだったり、東京西川が開発したマットレスAiRの全国CMにBGMとして起用されていたり(今年も)
その他にもアーティスト鈴木雅之さんや桑田圭祐さんにもカバーして頂きました。
ここ2年くらいでポンポンポンと。
それぞれのアレンジがどれも個性的で素晴らしいです
 
まだ聞いたことがない子供たちや10代~20代達の何気ない生活に自然と耳に触れていけたらいいと思います。
例えば今5歳の子が30年後に「曲はなぜか知っている」と言ってもらえたらどんなに素敵なことでしょう!
01.jpg